電子工作の知恵袋

 
 

 

PixiModule UART
USB-UART変換ケーブル
実動デモ


 

    *コンテンツはお客様ご自身のご判断と責任においてご利用ください。
     また、掲載内容を他に流用・転載することは一部・全てを問わず固くお断りいたします。
     引用する場合はリンク表示にてお願いいたします。
     


電子工作の知恵袋


デジタル回路の基本 その2 

論理回路

 


    2.論理回路の基本

     

    デジタル回路の信号である「0」と「1」の2値を使って、ある機能を持たせた回路を論理回路(またはロジック回路)と言います。

    全てのデジタル回路は論理回路の組み合わせで構成されていると言っても過言ではありません。マイコンを使わない簡単な制御回路としても使われています。

     

     

    2.1.論理回路の基本要素

     

    論理回路の最も基本となる要素は「AND(アンド)」「OR(オア)」「NOT(ノット)」の3つです。「AND」と「OR」は「ANDゲート」「ORゲート」、「NOT」は「インバータ」と呼ばれることもあります。

    論理回路の動作を表す道具として「真理値表」お呼び「論理式」が使われます。真理値表は、入力信号の全ての組み合わせに対して出力信号がどのようになるかを表にしたものです。論理式は、入力信号と出力信号の関係を式で表したものです。この式はブール代数式と呼ばれるものです。

    3つの要素を回路記号、真理値表、論理式で表すと次のようになります。




    3つの要素を言葉で表せば、

    ANDは、全ての入力が「1」のときだけ出力が「1」になる、

    ORは、どれか1つの入力が「1」になると出力が「1」になる、

    NOTは、入力と出力が反対になる、

    と言う事ができます。

     

     

    2.2.論理回路の準基本要素

     

    AND及びORの出力にNOTを付加したものをそれぞれ「NAND(ナンド)」、「NOR(ノア)」と言います。

    A及びBの2つ入力信号が互いに違うときにだけ出力が「1」になる論理回路を「排他的論理和」もしくは「EX-OR(エクスクルーシブ オア)」と呼んでいます。また、EX-ORは論理回路の3要素で構成することが出来ます。









     




電子工作の知恵袋 最新情報

  電子工作大好き社員募集中! 株式会社ヌマタR&D