電子工作の知恵袋

 
 

 

PixiModule UART
USB-UART変換ケーブル




 

  *コンテンツはお客様ご自身のご判断と責任においてご利用ください。
 また、掲載内容を他に流用・転載することは一部・全てを問わず固くお断りいたします。
 引用する場合はリンク表示にてお願いいたします。


 

電子工作の知恵袋

 超音波を使った物体検知の方法 
その1 通過

 

    超音波を利用すると超音波を反射したり吸収したりするものであれば、なんでも物体を検出することができてしまいます。

       

    例えば、方法その1

     

     

    超音波の発生器から常に(または定期的に)超音波を受信器に向かって発信しているとします。

    この場合、超音波受信器は超音波を受信している間はランプが点灯しています。

    もし、その超音波を遮るように何かが通ると・・・・。

     

     

     

    超音波は受信器に届かなくなって、ランプが消えてしまいました。

    つまり、何か(この場合は犬だった)が発生器と受信器の間を通ったということがわかるわけです。

    この方法は、超音波以外でも使える方法で、光を使った(赤外線等)でも同様です。

    検出する環境(室内・室外、外乱等)と物体の性質(金属なのか、スポンジなのか等)を考えて選択しましょう。

     

     

    これらの検出は、エレラボドットコムの超音波モジュールを使えば簡単に実現できます。

    普通、FA等の分離型超音波送受信セットは数万円以上しますし、電子工作キットは外部と信号のやりとりができない自由度の少ないものがほとんどです。

     

    このセット(上が受信器、下が送信器)は、40KHzの超音波を簡単に扱うことができます。

    このセットと乾電池9V(006P等)とLED(Vfが2V以下のもの)1ケで、超音波の実験が可能です。

    配線はこんな感じ。

    *仕様書をよくご確認いただき、基板のコネクタ ピン番号をお間違えの無いよう配線してください。

     

     

    簡単ですね。

    ちょっとLEDが暗めですが、超音波が受信されるとピカッと光ります。

    手をかざしてみると、いろいろな角度で反応が変わることがわかります。

    うまくいけば数mぐらいは検出できますので、いろいろ試してみてください。

    もちろん、LEDではなくPICなどのマイコンで信号を取り込めば、もっと応用の幅は広がります。

    超音波検出は、検出できる物体の磁気的・電気的性質には関係なく検出できる幅の広い方法です。

     

     

    さて、その2では反射を説明します。

    実は・・・・、この反射こそ超音波の世界を広げてくれるのです。

     

     


面倒な送受信回路もこれ1つで解決

 

簡単・便利な超音波モジュールシリーズ

     


 

カテゴリ
電子工作の知恵袋 最新情報

  

 

 




  

おすすめ商品
写真 名称 番号 売価(税込)
超音波_送受信モジュールセット
超音波_送受信モジュールセット

40kHz送信モジュール1ケと受信モジュール1ケのセット品。
020-2 4,990円
超音波受信モジュール
超音波受信モジュール

40kHz超音波センサーを使った受信モジュール。
010-2 2,770円
超音波送信モジュール
超音波送信モジュール

40kHz超音波スピーカーを使った送信モジュール
015-2 2,770円
コネクタ2.54mmピッチ5ピンストレートヘッダ
コネクタ2.54mmピッチ5ピンストレートヘッダ


901 280円