当サイトのコンテンツはご自身の判断と責任においてご利用ください。営利目的の利用は固くお断りします

更新2022/05/04

UARTをRS232Cに変換

UARTは、ほとんどのマイコンに組み込まれている汎用通信デバイスです。
ただ、そのままではRS232Cを使用するFAなどの機器につなぐことはできません。

UARTは、小規模なシステム内通信で使うことが主な用途なので、システム外の機器と通信するためには他の通信規格に変換して使用することになります。
この章では、UARTをRS232C規格の通信に変換する方法を説明します。

UARTとRS232Cの相違点

UARTとRS232Cの違いは、送受信の信号に限れば、信号電圧が異なるだけです。
よって、主流である3線式(送信、受信、GND)の場合のUARTとRS232Cの相互変換とは、電圧を相互に変換することを指します。
変換は、専用の変換IC1ケと多少の電子部品だけのシンプル構成です。

UART-RS232Cレベルコンバーター

回路図
部品表

使用例

上記レベルコンバーターを、下記のように使います。
ブロック図
CN1 5番ピンにPCなどのRS232C信号を印加するとUART電圧にレベル変換された信号となってCN2 4番ピンから出力されます。
逆に、CN2 3番ピンに印加されたUART電圧はモジュール内回路でRS232C信号に変換されCN1 4番ピンから出力されます。

冒頭にも述べましたが、この変換回路はUART信号電圧をRS232C規格の電圧に変換するためのものです。
マイコンやPCに上記の回路を接続するだけで、自動的に全ての設定を行い送受信できるわけではありません。
マイコンのUARTの各種設定は、自分で行うことになります。

(最新)

(中の人)


電子回路とファームウェア専門の元エンジニアが、初心者の頃の疑問や勉強・経験で知った「そうだったのか」を2009年から書いています。 ⇒続き

ページの先頭へ戻る
シェア
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加