当サイトのコンテンツはご自身の判断と責任においてご利用ください。営利目的の利用は固くお断りします

更新2022/05/04

入力バイアス電流と補正

本章では、オペアンプの入力バイアス電流について説明します。

入力バイアス電流は誤差要因

オペアンプの入力端子には、入力バイアス電流という僅かな電流が流れます。
バイアス電流に対し、R1とR2の抵抗値が低く、それら抵抗に流れる電流が十分(数百倍以上)大きい場合は、さほど大きな誤差にはなりません。
しかし、R1とR2の抵抗値が大きく、抵抗に流れる電流が非常に小さい場合は、バイアス電流が出力電圧に影響を与えてしまいます。
R1とR2が10KΩ以上になる場合は、影響が出始めると考えた方が良いでしょう。

入力バイアス電流の補正

補正するには、バイアス電流の影響を避けるために、「+」端子に抵抗R3を挿入し、+端子と-端子のバランスを取ります。

(反転増幅器)
オペアンプ反転増幅器のバイアス電流補正

(非反転増幅器)
オペアンプ非反転増幅器のバイアス電流補正

R3は、以下式で設定します。
 R3の抵抗値=1/(1/R1+1/R2)

エレラボドットコム 電子工作の知恵袋ロゴ

(最新)

(中の人)


電子回路とファームウェア専門の元エンジニアが、初心者の頃の疑問や勉強・経験で知った「そうだったのか」を2009年から書いています。 ⇒続き

ページの先頭へ戻る
シェア
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加