電子工作の知恵袋展示会・営業ツール用実動デモのヌマタR&D電子工作の知恵袋 トップメニュー

 

 

 

 

電子工作の知恵袋

 
 

 

実動デモ
 
 

    *コンテンツはお客様ご自身のご判断と責任においてご利用ください。
     また、掲載内容を他に流用・転載することは一部・全てを問わず固くお断りいたします。
     引用する場合はリンク表示にてお願いいたします。
     


電子工作の知恵袋


UART その3

 RS232Cに変換する

 

 

    UARTは、ほとんどのマイコンに組み込まれている汎用デバイスです。
    ただ、そのままではPCに接続できませんし、RS232Cを使用するFAなどの工業機器にもつなぐことはできません。
    UARTは小規模システム内通信で使うことが基本なので、システム外の機器と通信するためには、他の通信規格に変換して使用することになります。
    この章では、汎用性のあるRS232C規格の通信に変換する方法を簡単に説明します。

     


      

     

    UARTをRS232C規格に変換するにはどうすればいいのか

    以下はUART−RS232C変換モジュールを使用した変換の一例です。
    安定化電源回路を内蔵したオールインワンタイプのモジュールで、配線するだけで非常に簡単にレベル変換を行うことができます。


     

     

     

    このモジュールのCN1 5番ピンにPCなどのRS232C信号を印加するとUART電圧にレベル変換された信号となってCN2 4番ピンから出力されます。
    逆に、CN2 3番ピンに印加されたUART電圧はモジュール内回路でRS232C信号に変換されCN1 4番ピンから出力されます。
    RS232Cポートを持つPCやUSB−RS232C変換器などにCN1の 3・4・5番ピンを接続するだけでマイコンとPCが通信できる環境が整います。


    尚、初心者の方によく誤解されるポイントとして、この変換回路はUART信号電圧をRS232C規格の電圧に変換するためのものです。
    マイコンやPCに接続するだけで自動的に全ての設定を行い送受信できるわけではありません。
    あくまでマイコンのUARTやPCのRS232Cが調歩同期式などのフォーマットに従ってパルスを送受信する必要があり、この変換回路はその電圧信号を相互に変換します。
    つまり、フォーマットなどはマイコンやPC側できちんと設定する必要があります。
    初心者の方は勘違いしないようにしましょう。






     

電子工作の知恵袋 最新情報


実動デモ